9:30~20:00
毎週水曜日
home

三郷市の新着物件一覧

2021年10月18日
ブログ

【みさと不動産プラス知っトク情報】机上査定ってどういうもの?どのような方におすすめなのか?

こんにちは、みさと不動産プラスの中原です。

通常、不動産(マンション・戸建・土地)の、現状の価値がいくらくらいなのか知るためには、不動産会社に査定してもらうことが多いと思います。

不動産の売却査定の方法として、

「机上査定」と「訪問査定(実査定)」

の2種類があります。

では、この2種類はどうように違うのでしょうか?

今日は、比較的よく選ばれている「机上査定」について解説いたします!

机上査定とは?

机上査定とは簡単に言うと、

建物の中を見ずに査定する方法です。

机上査定は、こんな方に向いている査定方法ですね!

「まだ、不動産を売却するかわからないけど、今、いくらぐらいで売却できるのか知りたい!」

机上査定とは、以下のようなデータで、おおよその査定金額を算出します。

 

①過去の近隣の成約事例

一番使われるデータになります。不動産の価格は過去の成約事例をもとに出します。

マンションであれば、同マンションの事例が多い。

戸建・土地であれば、エリア・面積・築年数が近い物件の事例が多い。

成約年月日が新しい(直近6ヵ月以内)の事例が多い。

このようなデータが多い不動産はより正確に査定価格が算出できます。

 

②現在販売中の物件および価格

同じ丁目にある土地・戸建、または同じマンション内で、現在販売中の物件がある場合は、非常に重要になります。比較対象にされるからです。

同エリア、同マンションに多くの物件が販売されてると、傾向として価格が下がりやすくなります。お互いが、意識して、他の部屋よりお買い得感をだそうと価格を下げてくる可能性があるからです。

しかし、販売中の物件は、

「まだ売れていない=その価格で売れるかはわからない」

ということから、すべてを鵜呑みにするのは、危険です。

最終的な販売価格を決定するときには、販売中物件の市場動向を見て、決定します。

 

③路線価および公示価格

土地部分の査定には、公的な価格も確認します。

路線価や公示価格などの公的な価格も参考にします。

しかし、路線価は、相続税評価に使われる指標ですので、不動産流通価格ではありませんので、ご注意ください。

 

④現在の市場の流れ

不動産の価格は、実際の景気動向に影響します。

天災地変や、今で言うと、新型コロナウィルス感染拡大などの影響で価格は変動します。

新型コロナウィルス感染拡大当初は、不動産は流通は減少しましたが、

テレワークやリモートワークの増加で、マイホーム購入の意識が高まり、結果、不動産の流通は活発化し、価格の上昇が起きています。

机上査定で気を付けないといけないことがあります!

本当であれば、一番の価格の根拠となる成約事例のデータは、レインズ(REINS)のデータを利用しているので、

どの不動産会社が査定しても、ほとんど同じ机上査定価格が出てくるはずです。

しかし、そうならないのが、机上査定の怖いところです。

お客様の中には、「いろんな不動産会社に机上査定して、一番高い金額で査定金額をだしたところにお任せしたい!」という方もいます。

買取を希望しているのであれば正しいのですが・・・

机上査定の注意点とは?

※相場よりわざと高めに査定する不動産会社がいる

媒介契約を結びたい、訪問査定にこぎつけたい、などの理由で、他の不動産会社と比べて興味を持ってもらうために、相場よりわざと数百万円も高めに査定する不動産会社がいます。もちろん、高い査定でも成約することもあります。

しかし、「査定金額=成約価格」ではありません。

相場を理解した上で、チャレンジ価格で販売スタートするのと、高い査定金額で売れると信じて販売スタートをするのでは、成約までの期間・満足度など全く変わってしまいます。

売却査定依頼は、所有者にお会いしたい!

これは、どの不動産会社でも同じです。お会いして、売却理由を聞いたり、室内状態を確認することによって、人間関係が出来、お客様に具体的な提案が可能になります。

机上査定の場合、どうしてもメールだけで終わってしまうことが多いため、少しでも、目につく査定価格を出すことによって、訪問査定に繋げたいといという気持ちが、相場よりわざと数百万円も高めに査定するという現実につながっているのかと思います。

机上査定はこんな方におすすめです。

現時点で、物理的に訪問査定が不可能な方は机上査定を利用すべきです。

または、次のような方は、机上査定をおすすめします。

・まだ売るかどうか決まっておらず、どれぐらいの金額かだけ教えて欲しい

・現在、売却相談物件から遠くに住んでいる

・売却相談物件に居住中だが、ご家族に内緒で相談したい

・売却相談物件が投資用の物件のため、室内を見ることができない

 

具体的に売却を考えている方は、

やはり、訪問査定(実査定)をおすすめします。

売却理由は人それぞれ異なります。

その理由によって、「今すぐ売れなくてもいいので、相場価格より高めに売り出してチャレンジしたい!」という人もいれば、「住宅ローンが支払いが厳しいので、少しでも早く売却して欲しい!」という人もいます。

先程も言いましたが、

売主様の売却理由や希望等で、不動産会社の売却の提案が変わります。

最後は、不動産会社の営業と直接会って、自らの希望等を伝えなければ、机上査定だけでは有益な情報を得ることは難しいと思います。

私の住む街「三郷市」を盛り上げたい!!

三郷市に住んでいくうえで、

・三郷市の子育て支援や地域情報

・おいしい飲食店情報

・三郷市のイベント情報

・不動産の売買に関する売主様、買主様の不安や悩みの解決

・不動産取引の豆知識

などをみさと不動産プラスでは最優先で発信しています!

もちろん、不動産の物件情報も大切ですが、

それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています!

それが、このホームページにたどり着きました!

みさと不動産プラスの発信情報をご覧になっていただいた方々が、大事な不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、ご利用いただいけたらうれしいです!

また、もっと三郷市の魅力を多くの人たちに知っていただき、三郷市に住んでいただく人たちをもっと増やしていきたい、私の住む街「三郷市」を盛り上げたいと思っています!

三郷市・八潮市・南流山のマンション・戸建・土地の
売却・購入のご相談はこちらから
受付時間:AM9:30~PM8:00
 
メールでのお問合せはこちらから
 
三郷市・八潮市・南流山の新築戸建は仲介手数料無料
三郷市・八潮市・南流山の新築戸建の購入は「仲介手数料無料」のみさと不動産プラスへ
 
リノベーションマンション特集
三郷市・八潮市・南流山のリノベーションマンションの購入はみさと不動産プラスへ
⇒⇒リノベーションマンション特集はこちら
 
売却の仲介手数料50%OFFキャンペーン
今なら仲介手数料が50%OFFになるキャンペーン開催中!
⇒⇒仲介手数料50%OFFキャンペーンはこちらから

小学区から物件を探す
学区限定で物件を探したい!三郷市の各小学校から物件検索!
⇒⇒小学校から物件を探す

オープンハウス情報
毎週末のオープンハウス現場をCHECK!!平日のご案内もご相談ください!!
⇒⇒オープンハウス情報はこちらから

みさと不動産プラス知っトク情報
不動産に関する疑問・不思議を解説しています!
⇒⇒みさと不動産プラス知っトク情報はこちらから
view_list

過去のお役立ち知っトク不動産情報

この記事を書いた人
中原 大介 Daisuke Nakahara
中原 大介
1979年7月生まれ 生まれて今まで42年間三郷市在住・2児のパパです。 吹上小学校~前川中学校と生粋の三郷っ子です!奥さんも彦成小学校~北中学校と生粋の三郷っ子。大好きな三郷の良さをお客様にも伝えたい!不動産情報だけでなく、地域情報もどんどん発信していきます。 また、不動産に携わって17年になります。色々な仕事や経験を重ね、皆様には角度をかえたアドバイス、安全・安心なお取引が出来ると思います。皆様とお会いできるのを楽しみにしています!
store

会社概要

みさと不動産プラス株式会社
home

三郷市の新着物件一覧

view_list

三郷市の知っトク情報一覧

arrow_upward