9:30~20:00
毎週水曜日
2021年06月29日
ブログ

【土地売却の注意点は?】三郷市の小さい土地から大きい土地、市街化調整区域もすべての土地売却のお手伝いいたします!

こんにちは、みさと不動産プラスの中原です。

みさと不動産プラスでは、現在、土地の売却物件を大募集しています!

小さい土地、大きい土地、市街化調整区域の土地などすべても土地の売却のお手伝いしています。

首都圏から近く人口が減りづらい三郷市の物件はとても魅力的です!

首都圏まで電車で一時間で通え、かつ地価も安い三郷市は、ベッドタウンとして過去数十年栄えてまいりました。

首都圏の人口は将来的にも流入が続くと考えられているため、将来的にも三郷市の地価減少は抑えられると推計しています。

これまで物件の仲介業を営んできたみさと不動産プラスは、仲介手数料を割引するなどお客様に有利な条件で売却いただけるよう工夫を凝らしています。

また、物件をお売りいただくにあたって信頼できる業者による査定は重要です。

査定の際は、地元出身のプロが査定の根拠を一つ一つお客様に提示しています。

また、全国の物件を抱える大手仲介業者様にはできない地元住民からの評判といった定性的な要素も加味して審査しています。そのような査定を無料でご提供しています!

古家付きの土地を売却する時の注意点は?

土地を売却するときに、その土地に古い建物が建っていることはよくあると思います。

その時に、

建物は解体したほうがいいのか?

古家付き土地として現況で売るほうがいいのか?

悩む売主様は多いと思います。

古家付き土地に新しい家を建てる場合は古家を解体する必要がありますが、解体費用は木造一戸建ての場合で100万円前後はかかります。

建物を解体せずに、古家付き土地として売却すればこの解体費用を負担せずに済みますが、買主様からその分の値引きを要求される場合があります。

では、

建物は解体して土地を売却する方法と、古家付き土地として現況で売却する方法のメリット・デメリットを考えてみましょう!

【古家を解体して更地で売却するメリットとデメリット

◆メリット

・相場価格で土地を売却することができる

・土地の広さ等がイメージしやすく売却しやすい

・買主様がすぐに家を建てられるので売却しやすい

・売却までの間に駐車場等として貸すこともできる

◆デメリット

・解体費用を売主様が負担しなければならない

・解体後も売却できない場合、固定資産税が高くなる

・中古戸建としての選択肢はなくなる

 

【古家付き土地で売却するメリットとデメリット】

◆メリット

・解体費用を売主様が負担しなくてよい

・買主様がそのまま住むという選択肢もできる

・売却に時間がかかっても固定資産税が高くならない

◆デメリット

・解体費用分の値引きを要求される場合がある

・買主様が解体しなければならず、売却しにくい

・空き家の状態が続くと管理コストがかかる

・土地の広さがイメージしずらく売却しにくい

隣接地との境界線・境界標を確認・復元する

土地を売却する際には、どこからどこまでが範囲の土地なのか、隣接地との境界を明確にしておく必要があります。

そのために地積測量図や境界確認書等が必要になります。

また書類だけでなく、実際の土地に下記のような「境界標」があるかどうかも確認しておくことが大事です。

新しい分譲地内であれば、まず境界標はしっかり入っていると思いますが、昔からある古い分譲地は、境界標が埋まってしまったり、取れてしまっていたり、確認できないことがほとんどです。

現地に境界標がなかったり、境界線が明確でない場合は土地家屋調査士に作成や設置を依頼します。

この手続きには1、2カ月かかり、費用も数十万円かかりますので、注意が必要です。

土地の売却において、一番大事なポイントが「境界」です。ここを適当に売却をしてしまうと、後々クレームになりますので注意が必要です。

売却を依頼する際に、不動産会社が通常、境界や測量等のお話しをしてきますので、万が一、何もお話しをしてこない不動産会社に出会ってしまったら、売却を依頼するのを一度考え直した方がいいですね。

土地の高値での売却をサポートいたします!

みさと不動産プラスは三郷市にて不動産仲介業を営んでいます。

首都圏のベッドタウンとして栄え、今後もその価値が衰えないと考えられる三郷市の土地は大変魅力がございます。

そのため、お客様が比較的優位にお売りいただけます。

三郷市は大変魅力的な地域でございます 土地の購入相談が増えています。三郷市の土地ならば優位に売却いただくことが可能です

Point01

首都圏から近く将来的な需要あり!

首都圏まで電車で1時間以内で通え、三郷市はベッドタウンとして数十年間栄えてきており、

最近は、ららぽーと新三郷等の大型ショッピングモールも出来、首都圏からの人口流入が続いていることから将来的にも同様の価値がみこめます。

そのため、三郷市の土地売却を考えていらっしゃるお客様が有利にお売りいただけます。

Point02

生活の利便性が高く住みやすい街

長年首都圏のベッドタウンとしての役割を果たしてきた三郷市は、その生活インフラも充実しています。

周辺には小学校・中学校が点在し、大きな病院やショッピングセンターも各所に点在する魅力ある街です。

また、三郷ICがあり、東京外環自動車道、常磐自動車道、首都高速6号三郷線など複数の高速道路を利用でき、車でのアクセスも良好です。仕事・旅行で確保方面に移動しやす交通網があります!

Point03

正確な査定をお約束いたします

生まれも育ちも三郷市一筋のプロがお客様の土地を査定いたします。

地元出身だからこそ、三郷市に精通しており、大手の仲介業者様には見切ることができない地域の評判といった定性的な要素を加味した資産価値を算出することが可能です!

無料売却査定はこちら 【売却の仲介手数料が最大50%OFF】

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
物件の種類
現状
郵便番号
- 個人情報に関して -
play_arrow 1.個人情報に関連する法令等の遵守
お客様の個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」及び関連法令は個より、 ガイドラインその他の規範を遵守し、適切に取り扱います。
play_arrow 2.個人情報の収集、利用、提供
お客様の個人情報は、適切な方法で収集し、利用目的の範囲内で利用するとともに、 特別の事情がないかぎり、お客様の同意なく第三者に開示、提供しません。
play_arrow 3.個人情報の適正管理
お客様の個人情報は、漏洩、紛失、改ざん等を防止するため、必要な対策を講じて、適正に管理します。
play_arrow 4.個人情報の委託
お客様の個人情報に関する取扱を外部に委託する場合は、 適正な取扱を確保するための契約を締結したうえで、委託先を監督します。
play_arrow 5.個人情報の開示、訂正、削除
お客様が個人情報の開示、訂正、削除を希望される場合は、所定の窓口でお受けして、 合理的な範囲で対応します。
play_arrow 6.コンプライアンス プログラムの維持、改善
お客様の個人情報が適正に運用されるために、個人情報に関するコンプライアンス プログラムを作成し、 役員、従業員に周知徹底させるとともに、継続的に点検、改善します。
みさと不動産プラス株式会社:中原 大介
- 所在地 -
keyboard_arrow_right住所 〒341ー0018 埼玉県三郷市早稲田1-1-1KTT10ビル4階
keyboard_arrow_right案内 JR武蔵野線三郷駅より徒歩1分
arrow_upward